ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーの生活設計

 

ケアマネージャーは、介護を必要としている人の生活設計を考える仕事ですが、

 

自分の生活設計はどんなものでしょうか。

 

 

ケアマネージャーの仕事は、かなり大変です。

 

大変という言葉で済ますには、まだまだ足りないかもしれません。

 

 

まず、ケアマネージャーが担当する利用者さんは、

 

30人から50人います。

 

 

もちろん、これはその事業所によって違いますが、

 

ケアマネージャー1人が担当する利用者さんの数は、

 

間違っても、少ないとはいえません。

 

 

ケアマネージャーは、利用者さん一人一人のケアプランを作成し、

 

それが十分なサービスとして活用されているか、確認もしなければなりません。

 

 

ケアプランを立てる際にも、ケアマネージャーは、

 

利用者さんと面接をして、希望などを事細かに聞き取ります。

 

 

ケアプランは、一度作成してしまえばそれで終わり、

 

というものではなく、定期的な見直しも必要です。

 

 

また、ケアマネージャーは、利用者さんの急な変化にも、

 

対応しなければなりません。

 

 

このように、仕事は多岐に渡り、非常に忙しいのですが、

 

残念なところ、待遇はあまりよくないのが実状です。

 

 

せっかくケアマネージャーになっても、この待遇に納得できず、

 

以前の仕事に戻った人も数多くいるのです。

 

 

ですから、私としては、雇う側もしくは国が、

 

もっとケアマネージャーの生活設計に

 

気を配って欲しいと思ってしまうのです。

 

 


借金用語