ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーとして独立する

 

ケアマネージャーとして経験を積むと、

 

独立して仕事をする人が増えてきています。

 

 

ケアマネージャーの職場のイメージとしては、

 

特別養護老人ホームなどの老人施設での活躍が主なものですが、

 

実は、居宅介護支援事業所を立ち上げている人も多いのです。

 

 

居宅介護支援事業所とは、介護が必要な人の変わりに、

 

利用できるサービスの申請や、様々な手続きを行うところで、

 

介護認定調査や、ケアプランの作成なども行います。

 

 

この時に、ケアマネージャーを定員50人に対し、

 

1人を置かなくてはならないと、介護保険法で定められていますから、

 

ケアマネージャーはこういった事業所には、なくてはならない存在なのです。

 

 

大きな施設などで、ケアマネージャーとして働いていた人が、

 

施設の介護方針に合わない、自分の理想とする介護を行いたいという理由で、

 

独立するケースもあります。

 

 

確かに、施設介護などには、限界がありますから、

 

ケアマネージャーとして、介護を必要としている人の

 

希望を叶えるにも限度があるでしょう。

 

 

また、民間の介護福祉用具販売会社や、

 

生命保険会社でも、ケアマネージャーの需要が

 

高くなってきているので、そういった方面に独立する人も、

 

これから増えていくかもしれません。

 

 

ただし、ケアマネージャーとして独立するには、

 

かなりの経験を積むことをお勧めします。

 

 

その経験で培った人脈や、知識を活かしてこそ、

 

独立した甲斐があると言えるでしょう。

 

 


借金用語