ケアマネージャー試験の受験資格・合格率・難易度・勉強法

多くの受験生が間違った方法でケアマネ試験の勉強をしています。

とにかく問題の数をこなしている。

暗記用のカードを持ち歩いてひたすら記憶に頼る勉強をしている。

過去問題集を中心に勉強している。

介護支援専門員基本テキストを闇雲に読んでいる。

色々なテキストに手を出している。

あなたもこのような方法で勉強していませんか?

もう無駄な苦労をするのはやめにしませんか?

実はたった一冊の問題集を使うだけで、
独学でケアマネ試験に合格できる
勉強法があるのはご存知ですか?

仕事を続けながらも短期間でケアマネ試験に一発合格できる勉強法とは?



ケアマネージャーとは?

 

ケアマネージャーとは、正しくは「介護支援専門員」と言います。

 

私のように福祉分野で働いている人間は、長い名称なので(笑)、

 

ケアマネと呼んでいます。

 

 

ケアマネージャーは、介護を必要とする状態になった人が、

 

適したサービスを、受けられるように、介護サービス

 

(ケアプランと言います)を作成する役割があります。

 

 

介護保険が導入されて、介護を受ける必要のある人は、

 

ケアプランが作成されていない状態では、

 

介護サービスを受けることは出来ません。

 

 

ケアプランは、必ずケアマネージャーが作成しなければならない、

 

ということはありません。

 

 

ですが、内容が専門的なので、

 

ケアマネージャーに依頼するのが、一番の近道なのです。

 

 

つまり、介護サービスを受ける上で、

 

ケアマネージャーは、なくてはならない存在と言えるでしょう。

 

 

また、これまで介護の資格は、

 

介護福祉士が、その道の専門職とされていましたが、

 

ケアマネージャーは、さらにその専門性が高いと言われています。

 

 

ケアマネージャーの受験資格を見ても、

 

医師や看護師、介護福祉士などの、

 

国家資格を持った人でなければ受験できないことから、

 

ケアマネージャーの重要性がわかるでしょう。

 

 

ケアマネージャーの資格を取るには、かなりの努力が必要ですし、

 

試験の合格ラインも、高いことで有名です。

 

 

ですが、頑張り次第で、ケアマネージャーとしての道は必ず開けますから、

 

どんどん挑戦しましょう!

 

 


借金用語